肺高血圧

肺高血圧とは?

肺高血圧とは??

 

余り聞きなれない病名かと思いますが、肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる病気です。

 

 

心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の末梢の小動脈の内腔が狭くなる
    ↓
血液が通りにくくなる
    ↓
肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる
    ↓
肺動脈圧の高い状態が続くと?
    ↓
機能が低下してしまい、右心不全になる

 

しかし長い研究で、肺血管を拡張させる薬が開発され、治療効果も上がってきています。

 

肺高血圧の症状は?

 

全身への血流が悪くなり酸素が行き届かなくなり

 

⇒労作時の息切れ、呼吸困難、易疲労感、動悸、胸痛、失神、肺出血、喀血など

 

が現れることもある。

 

若年者に比較的多く、特に女性に多いという特徴もある。

 

一口で高血圧と言っても、「色々とあるのだなぁ」としんみりと考えさせられますね◆

 

 

肺高血圧記事一覧

肺高血圧 症状

肺高血圧 症状については、初期の段階では、症状が無いか軽い状態なのですが、徐々に症状が進行していくようで、症状が自覚できるようになった頃には、「肺高血圧」になっている場合が多いようですので、自覚症状が出ている場合には早急に治療が必要です。肺高血圧 症状●疲労感●動悸・息切れ●立ちくらみ●胸の痛み●む...

≫続きを読む