白衣高血圧

白衣高血圧とは?

白衣高血圧(はくいこうけつあつ)とは、字を見ての通り・・・

 

「白衣を着た人を前にすると血圧が上がる」、「白衣を見て血圧を測ると

 

高い」と言う意味です。

 

家で計るのよりも、病院で計った方が高く計測されるのは普通のことです。

 

 

自律神経の作用で精神的に不安定な状態になり、血圧が上昇する訳ですね。

 

ただ、ある程度の大きい病院では、待合室に自分で計れる血圧計が置いてあ

 

って、診察前に自分で計り、「血圧の数値が印刷された用紙を医師に見せる」

 

となっていますから、白衣高血圧は当てはまらなくなりつつありますが病院の

 

臭いと雰囲気で血圧が上がりますね

 

私は病院に行く時には、時間に余裕を持って出かけるようにしています・・・

 

急いで行くと血圧上がるので!!

 

自宅で計ったのを、血圧手帳をつけて、診察日には医師に見せる人が多いと思いますね

 

私も現在、「自律神経がおかしくなっているなぁ」とつくづく感じています

 

高血圧になる前は、こんなこと無かったのですがーーー(´;ω;`)

 

白衣高血圧記事一覧

白衣高血圧 特徴

白衣高血圧は、診療室高血圧とも言われていまして、特徴は?正常な血圧の人が、医療機関の診療所や病院に行ったときのみ血圧が高くなることが大きな特徴です。表現として、病院で白衣を見ただけで血圧が高くなるので、このような表現になっているのです。では、元々高血圧の人が医療機関に行ったときに、余計に血圧が上がる...

≫続きを読む